どうする家康を見逃した方はこちら

戦国日誌が選ぶ「戦国武将ランキング」

ランキング
ひろ
ひろ

いままで、たくさんの戦国武将について紹介してきたよ

今回は僕が好きな戦国武将を独断と偏見で厳選したから

好きなポイントと合わせてみていってください

織田信長
織田信長

わしは当然はいっておるじゃろな?

入ってなかったら切腹じゃぞ

ひろ
ひろ

まあまあ

とにかく戦国武将をみていこう!

スポンサーリンク

第16-20位

第20位

松永久秀

松永久秀は織田信長に二度も反旗を翻しました。二度目は織田信長が欲した茶器とともに爆死したというインパクトのある武将。

ひろ
ひろ

久秀はインパクトある武将ですね

第19位

北条早雲

北条早雲は関東で下剋上を起こして成り上がった戦国武将第一号早雲は50歳頃から精力的に活動し、88歳まで戦い続け「北条100年」の繁栄を築きました

ひろ
ひろ

北条早雲が関東に下剋上の風を吹かせたといっても過言ではないな

第18位

竹中半兵衛

豊臣秀吉軍師であり、黒田官兵衛の盟友。たった17人で斎藤龍興の城を奪還するなど、非常に賢い武将でした。病気ですぐに亡くなってしまったことが残念です。

ひろ
ひろ

病気でも最期まで陣中にいて

武士らしく亡くなったよ

第17位

蒲生氏郷

蒲生氏郷は織田信長に取り立てられて出世しました。本能寺の変後は豊臣秀吉に仕えて豊臣政権を支え、統治の難しい会津(福島県)で善政を敷いています。氏郷の死後、秀吉は暴走してしまいました。

織田信長
織田信長

わしが寵愛していた者の1人じゃ

第16位

山中鹿介

山中鹿介は尼子家に仕えた武将。主家の尼子家は毛利家に滅ぼされてしまったが、それでも鹿介はお家復興を諦めませんでした。その執着心がものすごく、最終的毛利家の吉川元春に恐れられて討ち取られてしまいました。

ひろ
ひろ

鹿介の苦労は

三日月に「願わくば、我に七難八苦を与えたまえ」と祈ったことが原因とか

第10-15位

第15位

豊臣秀吉

豊臣秀吉は戦国時代一の成り上がり武将人たらし行動力で一気に天下人にまで上り詰めました。晩年の暴政が悔やまれます。

ひろ
ひろ

秀吉ほど出世した武将はいないんじゃないかな

第14位

大谷吉継

大谷吉継は石田三成の盟友であり、優秀な軍師。豊臣秀吉が「大谷吉継には100万もの兵を指揮させたい」といったほどです。

ひろ
ひろ

三成と固い絆で結ばれていて

負けるとわかっていても関ヶ原の戦いで西軍に味方したぞ

第13位

足利義輝

足利義輝は剣豪・塚原卜伝に剣術を習った室町幕府13代目将軍三好義継に襲われたときには何十人も斬り倒し、剣豪将軍といわれました。

織田信長
織田信長

三好長慶に翻弄された生涯じゃったな

第12位