どうする家康を見逃した方はこちら

[大河ドラマ・どうする家康]石川数正(キャスト:松重豊)はなぜ寝返った?出奔したその後は?最後は? 年表 子孫 家系図

大河ドラマ
ひろ
ひろ

大河ドラマ・どうする家康」で登場する石川数正

松重豊さんが演じている徳川家康宿老ですね

徳川家康
徳川家康

石川数正の出奔は徳川に大きな痛手であった、、、

ひろ
ひろ

石川数正はどうして豊臣に寝返ってしまったんでしょうか?

スポンサーリンク

石川数正の年表

石川数正の相関図

石川数正の誕生

石川数正(演 : 松重豊)は1533年、三河(愛知県)に石川康正の長男として誕生しました。石川家の先祖は河内源氏であり、安祥七譜代といわれる松平家(徳川家)古参大名の一つに数えらる名門家でした。

徳川家康
徳川家康

石川数正はわしより9歳年上じゃ

ちなみに織田信長はわしの8歳年上じゃ

幼い徳川家康(演 : 松本潤)今川家人質となると、石川数正はこれに同行しています。

ひろ
ひろ

徳川家康の人質生活に同行したのは

石川数正の他に鳥居元忠や平岩親吉もいました

石川数正と徳川家康

今川義元(演 : 野村萬斎)桶狭間の戦いに討ち取られると、主君・徳川家康は今川家の独立を目指しました。石川数正は尾張(愛知県)織田信長(演 : 岡田准一)との交渉を行って、清洲同盟を成立させました。

しかし、徳川家康の正室・築山殿(演 : 有村架純)長男・松平信康(演 : 細田佳奈多)が人質として今川のもとに留め置かれていました。徳川が今川を裏切って織田に寝返ったとなれば、人質の2人は処刑されてしまいます。そこで、石川数正が交渉役として今川家に乗り込み、築山殿と松平信康を今川のもとから取り戻しました。

ひろ
ひろ

石川数正は徳川の外交官としての腕がたちますね

徳川家康は三河の統一を目指しましたが、寺から不入の権を認めなかったために大規模な一向一揆が勃発しました。徳川家臣の多くが一向宗に味方し、石川数正の父・石川康正も徳川家康を見限っています。石川数正は浄土宗に改宗して、徳川家康に尽くしました。そのため、石川数正酒井忠次(大森南朋)、石川家成についで、重用されるようになりました。その後、徳川家康の長男・松平信康が元服すると、石川数正は松平信康の後見となり西三河の旗頭となりました。

ひろ
ひろ

石川家成は石川数正の叔父で徳川家康の従兄ですね

石川家成が石川家の本家を任されていたようです

今回のどうする家康では石川家成の要素も含まれた石川数正を描かれているのではないでしょうか

石川数正は内政面での活躍が目立ちますが、軍事面でも活躍しました。姉川の戦い三方ヶ原の戦い長篠の戦いなど、徳川家康に付き従って武功を挙げています。松平信康と築山殿が武田家との内通が疑われて、切腹させられると、石川数正は岡崎城城代にまで出世しています。

ひろ
ひろ

築山事件で石川数正がどのような立ち振る舞いをしたのかははっきりしていません、、、

石川数正の出奔

織田信長が本能寺の変で亡くなり、豊臣秀吉(演 : ムロツヨシ)が台頭し、賤ヶ岳の戦い柴田勝家(演 : 吉原光夫)に勝利を収めると、徳川家康は石川数正を派遣して、戦勝の祝いをさせています。

ひろ
ひろ

このときに石川数正は豊臣秀吉から家臣にならないかと誘いを受けたようです

小牧・長久手の戦いが起こり、徳川家康は局地的な勝利を収めることはできましたが、豊臣秀吉は織田信雄(演 : 浜野謙太)を取り込むことで戦略的な勝利を収め、豊臣政権をかっこたるものとしました。徳川家康は敗戦したわけではないため、豊臣に臣従せず、再び戦を仕掛けようとしました。そんな中、石川数正は徳川家を出奔し、豊臣秀吉のもとに出向きました。この出奔は徳川家に大きな衝撃を与えました。

徳川家康
徳川家康

石川数正という腹心が寝返ったため

徳川軍の軍制は武田流に変更したんじゃ

石川数正の寝返り理由

ひろ
ひろ

石川数正がなぜ出奔したのかははっきりしていません

現在、考えられている説をいくつか紹介します!

石川数正は豊臣秀吉にそそのかされた?

前述したように、石川数正徳川家康が今川家独立以来の外交官でした。そのため、石川数正は徳川家康の名代として豊臣秀吉との交渉を担当していました。その中で、石川数正は豊臣秀吉の器量に惚れ込んだり、豊臣秀吉から多額の恩賞をえさに勧誘されたりしたのではないでしょうか。さらには豊臣秀吉が築いた広大な大坂の町大坂城を目の当たりにして、豊臣家の圧倒的優位性も感じたのではないでしょうか。

ひろ
ひろ

徳川家康は家臣への恩賞が少なくケチだったと言われていますね、、、