どうする家康を見逃した方はこちら

[大河ドラマ・どうする家康]戦国最強の本多忠勝(山田裕貴)はなにをした? 年表 子孫 相関図

大河ドラマ
ひろ
ひろ

大河ドラマ・どうする家康」で登場する本多忠勝

山田裕貴さんが演じている徳川家康の譜代家臣ですね

徳川家康
徳川家康

本多忠勝は軍事面で徳川家を支えてくれたんじゃ

本多忠勝は生涯57回もの戦に出たにも関わらず一度もかすり傷を負わなかったんじゃ

ひろ
ひろ

本多忠勝はまさに戦国最強!!

本多忠勝はどんな生涯だったのでしょうか?

スポンサーリンク

本多忠勝の年表

本多忠勝の相関図

本多忠勝の誕生

本多忠勝ほんだただたかつは1548年、三河(愛知県)に本多忠高の長男として生まれました。父の本多忠高は松平家(徳川家)に仕えていた武将でしたが、本多忠勝が二歳のときに亡くなりました。その後、母と叔父・本多忠真のもとで育ち、徳川家康に仕えて側近となります。

ひろ
ひろ

本多忠勝本多忠真との関係性は

大河ドラマでも描かれていましたね

本多忠勝は13歳にしてあの有名な桶狭間の戦いで初陣を飾ります。さすがの本多忠勝も初陣ではあまり活躍できませんでした。ところがその二年後の合戦では首級をあげたといいます

徳川家康
徳川家康

初陣はわしと一緒に同行した大高城攻防戦じゃよ

本多忠勝が戦国最強武将なわけ

ひろ
ひろ

本多忠勝は様々な戦いに出陣して活躍しました

その中でも特に活躍したものを紹介していきます!

本多忠勝は忠義の男!

徳川家康が3年間も苦しめられた三河一向一揆では、浄土宗の多い本多家では大半が一揆側に味方しました。しかし、本多忠勝浄土真宗から浄土宗に変えてまで家康に味方します。一向一揆での忠勝の活躍はすばらしく、徳川家康は「その勇ましさはずば抜けている」と評価。

ひろ
ひろ

本多忠勝は一向一揆と戦うためにわざわざ改宗したといいます

本多忠勝は姉川の戦いにて一騎打ち

織田・徳川連合軍浅井朝倉連合軍による姉川の戦いでは、朝倉軍が徳川本隊まで攻め込んできて、徳川軍は敗戦しそうになりました。ところが本多忠勝は単騎で朝倉軍に突っ込むと、朝倉軍の陣形を崩して勝利に貢献します。これにはあの織田信長も「華やかを兼ね備えた勇士」と讃えました。

徳川家康
徳川家康

本多忠勝と朝倉方の猛将・真柄直隆との一騎打ちは皆が見ていたんじゃよ

本多忠勝は三方ヶ原の戦いでも無傷

三方ヶ原の戦いは、武田信玄によって徳川家康が生涯もっとも追い詰められた合戦でした。そのため、徳川家康は敗走を余儀なくされますが、忠勝は敗走する徳川軍の最後尾を務めて、追撃してくる武田軍を追い払いました。これには武田信玄も思わず、「家康に過ぎたるものが2つあり、唐の頭に本多平八」と称賛しました。

徳川家康
徳川家康

唐の頭」は中国から伝来したヤクの尾を束ねた貴重な飾り物のことじゃ

ひろ
ひろ

徳川方が大敗北してしまい

徳川家康は恐怖のあまり脱糞したという合戦ですね

本多忠勝が豊臣秀吉に喧嘩を売る

小牧長久手の戦いでは、豊臣秀吉の8万の大軍に対してわずか500騎で乗り込むと、馬に川の水を飲ませて余裕さをアピールしたといいます。これには豊臣秀吉も本多忠勝の豪胆さを感じて、攻撃するのをやめさせたといいます。

徳川家康
徳川家康

織田信雄にも称賛されて

刀をもらっておったぞい

ひろ
ひろ

豊臣秀吉から「東国一の勇士」と讃えられたんですよね

本多忠勝の最期

本多忠勝は様々な戦いで活躍し、関ヶ原の戦いでも53歳と高齢にもかかわらずわずかの手勢で90以上の首級をあげました。ところが、戦国最強の武将であっても老いは訪れてしまいます。

ある日、自身の小刀に名前を彫っていると過って怪我をしてしまい「本多忠勝も傷を負ったら終わりだな」と言ったといいます。その言葉の通り、数日後に亡くなってしまいました。

ひろ
ひろ

本多忠勝は歴戦の将にも関わらず

与えられた所領はわずか10万石でした

晩年は寂しく過ごしたのかもしれませんね

まとめ

本多忠勝は戦国最強の武将と呼ばれ、徳川家康のもとで様々な合戦に出陣しました。その所々で織田信長、武田信玄、豊臣秀吉などの名だたる武将から称賛されました。

しかし、関ヶ原の戦いが終わり、平和な世の中が訪れてしまうと、武闘派の本多忠勝は徳川家康のもとから遠ざけられてしまいます。本多忠勝はそのようなことに気付いたためか、江戸から遠く離れた桑名(三重県)で亡くなってしまいました。