どうする家康を見逃した方はこちら

[大河ドラマ・どうする家康]徳川家康の側室一覧 総勢20人の側室と16人の子ども 相関図・家系図

大河ドラマ
ひろ
ひろ

徳川家康は多くの側室を抱えてたくさんの子を作って

江戸時代に繁栄をもたらしましたね

徳川家康
徳川家康

各地にわしと血縁関係があるものを配置することで

江戸幕府を安定させたんじゃ

ひろ
ひろ

徳川家康は特に子が多かったといいます

今回は側室子どもを一覧にしてみました

スポンサーリンク

徳川家康の正室と側室一覧図

徳川家康の年齢

徳川家康の妻たち

正室

瀬名・築山殿

徳川家康の正室。徳川家康が今川で人質だった時に結婚しました。長男・松平信康と長女・亀姫を出産。徳川家康とは離れて「築山」で暮らし、武田家との密通が疑われました。そのため、織田信長から処刑を命じられ、長男の松平信康とともに亡くなりました。

朝日姫

徳川家康の継室豊臣秀吉の実の妹であり、豊臣秀吉が徳川家康との関係を保つために元々結婚していたものを離縁させて、徳川家康に嫁がせました。2人は高齢結婚であったために子はありませんでした。

ひろ
ひろ

朝日姫の元夫は面目が立たないと考えて自害したといいます

側室

お葉・西郡局

徳川家康の最初の側室。今川家臣の鵜殿氏の生まれであると言われています。次女・督姫を出産し、徳川家康に付き従いました。

ひろ
ひろ

大河ドラマでは側室選びの段階から描かれていましたね

於万・小督局・長勝院

徳川家康の次男・結城秀康の母。瀬名・築山殿の待女でしたが、風呂場で徳川家康の手付きとなり、結城秀康(於義丸)が誕生しました。

正室の瀬名は徳川家康の側室を決める権利を有していたが、徳川家康が勝手に側室を作ってしまいました。そのため、瀬名・築山殿は於万の妊娠が発覚したときには裸で城内の庭の木に縛りつけたといいます。

ひろ
ひろ

結城秀康は双子で生まれたために

徳川家康から忌み嫌われたといいます

於愛の方・西郷局

徳川家康最愛の側室。西郷義勝という下級武士に嫁いで一男一女を設けていました。しかし、夫が戦死して未亡人となって、浜松城で下働きをしているところを徳川家康に見初められて側室となりました。

徳川家康から愛され、三男・徳川秀忠と四男・松平忠吉を出産。さらに周囲の家臣や待女からも好かれていたといいます。

ひろ
ひろ

かなりの美人だったといいます

阿茶局・雲光院

武田家の飯田氏の生まれ。今川家の一条信龍に仕えていた神尾忠重に嫁いで、2男(神尾守世、神尾守繁)を設けました。しかし、夫が亡くなり未亡人となりました。

その後、徳川家康の側室となり、於愛・西郷局が亡くなった後は徳川秀忠と松平忠吉の養育係を担当しました。

徳川家康との間には流産してしまい子はありませんでした。しかし、政治面で活躍し、大坂冬の陣では和睦交渉を務めています。

ひろ
ひろ

大河ドラマなどではよく登場します

おまつ・下山殿

武田家臣・秋山氏の生まれ。武田信玄の六女という説もあります。穴山信君・梅雪の養女となり、弟の穴山信邦に嫁いだといいます。

武田家が滅亡した後は徳川家康の側室となりました。徳川家康との間には松平信吉(武田信吉)を出産しました。

お松・法光院

詳細は不明。徳川家康のご落胤・松平民部を出産したと言われていますが、詳しいところはわかっていません。

お久・茶阿局・朝覚院

遠江(静岡県)の百姓の生まれ。鋳物師の後妻でしたが、夫が代官に殺されたために徳川家康に訴えて側室となったと言います。徳川家康との間には松平忠輝松平松千代を出産しています。

徳川家康
徳川家康

わしが鷹狩をしているときに出会ったんじゃ

お久・茶阿局は聡明であったため、奥方のことを任せられ、強い発言力と政治力を持っていたといいます。さらに故郷の金谷村には、周辺の寺を保護して寺同士の紛争の解決にも尽力し、弟が住職だったとされる能満寺の寺領のため奔走したと伝えられています。

お竹・良雲院

武田家臣・市川の娘と言われていますが詳細は不明です。徳川家康の側室となり、三女・振姫を出産しました。

お仙・泰栄院

武田家臣・宮崎泰景の娘と言われています。

お牟須(おむす)・正栄院

武田家臣・三井氏の生まれ。武田が滅亡した際に徳川家康の側室となりました。豊臣秀吉の朝鮮出兵に際して、徳川家康のお供をして肥前(佐賀県)の名護屋で出産しましたが、難産のために子ともに亡くなりました。

ひろ
ひろ

茶阿局・朝覚院と阿茶局・雲光院と並んで

徳川家康から寵愛の厚かった側室といいます

お亀・相応院

京都の石清水八幡宮の分家である志水宗清の娘と言われています。はじめの夫は竹腰正時で、竹腰正信を出産しました。夫が亡くなると奥務めするようになり、石川光元の側室となり、石川光忠を出産。これを離縁した後に徳川家康の側室となりました。

徳川家康との間には松平仙千代(平岩仙千代)と尾張藩主の祖・徳川義直を出産しています。徳川家康が亡くなった後は名古屋城で徳川義直とともに暮らしました。

お久・普照院

相模(神奈川県)の北条家の家臣・間宮康俊の娘。徳川家康との間に四女・松姫を出産したと言われている。

お梶・英勝院

関東地方の遠山氏の娘と言われています。徳川家康が豊臣秀吉によって関東へ転封となると、積極的に関東の名門とつながりを持つようになりました。その中で、徳川家康はお梶・英勝院を側室にしたといいます。

徳川家康との間には、最後の子となる市姫を出産しました。

ひろ
ひろ

南光坊天海の推挙があって側室になったとも言われています

徳川家康
徳川家康

倹約家で春日局とも協力して大奥を支えたんじゃ

お万・養珠院

北条家の家臣・三浦の庶流・正木頼忠の子として誕生。三島の宿で女中をしていたときに徳川家康の側室となりました。徳川家康との間には紀伊藩の徳川頼宣と水戸藩の徳川頼房を出産し、徳川御三家の始祖となりました。

お奈津・清雲院

伊勢北畠家の旧臣・長谷川藤直の娘として生まれました。兄・長谷川藤広が徳川家康に仕えていたために、二条城で奥務めをするようになります。徳川家康との間には子はいませんでした。

徳川家康
徳川家康

わしが56歳のときに側室となったんじゃ

ひろ
ひろ

徳川綱吉の時代まで生きていたために

唯一存在する徳川家康の側室として大事にされたといいます

お梅・蓮華院

豊臣秀吉の家臣・青木一矩あおきかずのりの娘として生まれました。徳川家康の祖母・華陽院の縁戚であったために、15歳で徳川家康のもとで奥仕えをするようになりました。徳川家康の側室となった後に本多正純の継室となりましたが、夫・本多正純が改易されると、出家して尼となりました。

ひろ
ひろ

華陽院は徳川家康の祖父・松平清康の妻ですね

お六・養儼院(ようげんいん)

今川家臣・黒田直陣の娘。お梶・英勝院の使いでしたが、徳川家康の側室となりました。

ひろ
ひろ

徳川家康との年の差は55歳です

富子・信寿院

名前以外のことはわかっていません。