どうする家康を見逃した方はこちら

[最強]天下人も認めた本多忠勝の凄さとは?

戦国武将
ひろ
ひろ

本多忠勝は僕が一番好きな戦国武将や!!

生涯徳川家康に仕えた武将で戦国最強といわれたなー

豊臣秀吉
豊臣秀吉

わしは「東の天下無双の本多忠勝」と称賛したぞ

ひろ
ひろ

忠勝は秀吉さんをはじめ、武田信玄織田信長にもその実力が認めらたもんなー

それでは戦国最強本多忠勝の生涯をみてみよう!!

スポンサーリンク

本多忠勝の年表

ひろ
ひろ

忠勝は桶狭間の戦いで初陣を飾ってから57回合戦に参加したけど、

一度たりとも傷を負わなかったといわれているで

豊臣秀吉
豊臣秀吉

忠勝とともに戦った武将たちは「鉄の盾を背負ったように頼もしい」と称賛したそうじゃ

本多正信。忠勝と正信はそりがあわず「腰抜け」と罵り、同じ一族でもやつとは全くの無関係であると言い放ったという
(佐々木龍泉筆、加賀本多博物館所蔵)

本多忠勝の相関図

ひろ
ひろ

家康の因縁の敵真田家とつながりがあったんやなー

豊臣秀吉
豊臣秀吉

真田昌幸は東軍と西軍のどちらが勝っても

真田の血筋が残るように仕組んだからのー

本多立ち葵、
徳川家以外で使用を許可された唯一の葵の紋家康から相当信頼されていたことが伺える

本多忠勝の誕生

本多忠勝ほんだただたかつは1548年、三河(愛知県)に本多忠高の長男として生まれました。父忠高は松平家(徳川家)に仕えていた武将でしたが、忠勝が二歳のときに亡くなってしまいます。その後母と叔父のもとで育ち、家康に仕えて側近となります。

ひろ
ひろ

忠勝は徳川家の譜代中の譜代大名なんやなー

忠勝は13歳にしてあの有名な桶狭間の戦いで初陣を飾ります。とはいえさすがの忠勝も初陣では活躍できませんでした。ところがその二年後の合戦では首級をあげたといいます。

豊臣秀吉
豊臣秀吉

戦国最強本多忠勝の最初の一歩じゃなー

桶狭間の戦いによって家康の人質生活がおわる(尾州桶狭間合戦、歌川豊宣画)

天下人に認められた実力

忠勝は桶狭間の戦いから関ヶ原の戦いにいたるまで、家康に従ってさまざまな合戦に出陣しました。そこであげた忠勝の数々の勇士を紹介していきます。

家康が3年間も苦しめられた三河一向一揆では、本多家の大半が一揆側に味方しましたが、忠勝は浄土真宗から浄土宗に変えてまで家康に味方します。一向一揆での忠勝の活躍はすばらしく、家康は「その勇ましさはずば抜けている」と評価。

ひろ
ひろ

一向一揆は浄土真宗が起こした一揆やから、

忠勝は浄土宗に改宗したんかー

織田徳川連合軍浅井朝倉連合軍による姉川の戦いでは、朝倉軍が徳川本隊まで攻め込んできて、徳川軍は敗戦しそうになりました。ところが忠勝は単騎で朝倉軍に突っ込むと、朝倉軍の陣形を崩して勝利に貢献します。これにはあの織田信長も「華やかを兼ね備えた勇士」と讃えました。

豊臣秀吉
豊臣秀吉

姉川の戦いは、織田徳川軍は数でこそ有利じゃったが、

浅井朝倉の猛攻におされておったんじゃー

三方ヶ原の戦いは、武田信玄によって家康が生涯もっとも追い詰められた合戦でした。そのため家康は敗走を余儀なくされますが、忠勝は敗走する徳川軍の最後尾を務めて、追撃してくる武田軍を追い払いました。これには武田信玄も思わず、「家康に過ぎたるものが2つあり、唐の頭に本多平八」と称賛しました。

豊臣秀吉
豊臣秀吉

唐の頭」は中国から伝来したヤクの尾を束ねた貴重な飾り物のことじゃ

ひろ
ひろ

家康がびっくりしすぎて、脱糞したという合戦やな

小牧長久手の戦いでは、豊臣秀吉の8万の大軍に対してわずか500騎で乗り込むと、馬に川の水を飲ませて余裕さをアピールしたといいます。これには秀吉も忠勝の豪胆さを感じて、攻撃をやめさせました。

豊臣秀吉
豊臣秀吉

わしは忠勝の武勇を知っておったから、攻撃するのをやめさせたんじゃ

関ヶ原の戦いでは、53歳と高齢にもかかわらずわずかの手勢で90以上の首級をあげました。

ひろ
ひろ

こんなに危険な役割を担当しているのに、傷一つ負わなかったなんて強すぎ!!

関ケ原の戦いの後、福島正則は忠勝の戦ぶりを絶賛した(関ケ原町歴史民俗資料館)

まとめ

本多忠勝戦国最強と謳われ、たくさんの危機から主君徳川家康を救った武将でした。忠勝は戦国の乱世でこそ実力を発揮することができました。

そのため、関ヶ原の戦いの後は家康から危険がられたのか伊勢桑名(三重県)と江戸から遠いところに移封されています。

豊臣秀吉
豊臣秀吉

忠勝が得た所領はたったの10万石じゃもんなー

ひろ
ひろ

ある日、持ち物に名前を彫っていると過って怪我をしてしまい「本多忠勝も傷を負ったら終わりだな」といったんだ

そうすると本当にその言葉通りその数日後に亡くなってしまった

兜は鹿の角が特徴的、忠勝が山で遭難した際鹿が道を教えてくれたという
(三河武士のやかた家康館寄託)
ひろ
ひろ

実は僕の頭に乗っている兜は忠勝の兜なんだ!

蜻蛉とんぼ切、槍の長さは4mあり穂先に止まった蜻蛉が真っ二つになったという「藤原正真作」

コメント