どうする家康を見逃した方はこちら

[大河ドラマ・どうする家康]北条氏政(キャスト:駿河太郎)は汁かけ飯の逸話は本当か? 年表 子孫 家系図 家紋

大河ドラマ
ひろ
ひろ

大河ドラマ・どうする家康」で登場する北条氏政

駿河太郎さんが演じている北条家の四代目ですね

徳川家康
徳川家康

北条氏政北条家を滅ぼしてしもうたから

暗愚な武将だと言われておるな

ひろ
ひろ

北条氏政は北条家を滅ぼしてしまいましたが

本当に暗愚な武将だったのでしょうか?

スポンサーリンク

北条氏政の年表

北条氏政の家系図

北条氏政と北条政子は関係ある?

北条氏政(演 : 駿河太郎)は1538年、相模(神奈川県)に北条氏康の次男として生まれました。北条氏政は元々長男ではありませんでしたが、長男の北条氏親が16歳で亡くなってしまったため、次男の北条氏政が北条家の家督を継ぐことになりました。

また、北条氏政は弟たちを頼りにしており、弟たちは兄弟衆として北条家を支え続けました。さらに、末弟の上杉景虎(北条三郎)を上杉謙信の養子として送り出しました。

ひろ
ひろ

北条氏政と北条政子の直接的な関係はありません

小田原北条家鎌倉北条家を習って築かれた家です

北条氏政は武田信玄と上杉謙信と激突

父・北条氏康武田信玄(演 : 阿部寛)今川義元(演 : 野村萬斎)との間で甲相駿三国同盟を締結しました。そのため、北条氏政は同盟の証として、武田信玄の娘・黄梅院を正室として迎えました。

ひろ
ひろ

父・北条氏康は「相模の獅子」と言われ

8万の敵をわずか数千で撃ち破ったと言われています

また、北条氏政は父から家督を譲られましたが、それは名目上のもので、実権は依然として父が握っていました。この背景には、父・北条氏康が領民の不満を解消する目的で、自身が隠居することによって民の不満を和らげようとしたからです。

ひろ
ひろ

当時、関東では「永禄の飢饉」と呼ばれる大飢饉と疫病が流行していたようです

北条氏政が家督を継いだ2年後、上杉謙信は関東や東北の諸大名を率いて10万人の兵で小田原城を包囲しました。対する北条方はわずか2万人の兵しかいませんでした。絶体絶命の状況でしたが、同盟相手である武田信玄今川氏真の支援もあり、鉄壁の防御を誇る小田原城が陥落することはありませんでした。

ひろ
ひろ

北条氏政が小田原城軍神・上杉謙信の大軍から守り抜いたから

豊臣秀吉にも負けないと思ったかも知れませんね

その後、武田信玄と上杉謙信が川中島の戦いで激突した際、上杉軍が大損害を負ったことを好機と見て、北条氏政は上杉に奪われた領地を奪還しました。

今川義元が桶狭間の戦いで急逝した後、今川家が没落していく中、武田信玄は三国同盟を破棄して駿河(静岡県)に侵攻しました。北条氏政は今川との同盟を重視していたため、当主である今川氏真(演:溝端淳平)を救うべく出陣しました。さらに、今川との関係を強化する目的で、嫡男の北条氏直(演:西山潤)を今川氏真の養子にし、武田との同盟を解消するために妻・黄梅院と離縁しました

ひろ
ひろ

北条氏康の正室が今川の娘だったため

北条は今川を救おうとしたと言われています

また、北条氏政は武田信玄に対抗するため、かつての宿敵であった上杉謙信と越相同盟を結びました。この際に、北条氏政は弟の上杉景虎(北条三郎)を上杉謙信の養子として差し出しました。これに憤った武田信玄は北条の小田原城に侵攻しましたが、鉄壁の防御を誇る小田原城によって撃退されました

ひろ
ひろ

小田原城武田信玄でも上杉謙信でも

落とせなかった難攻不落の城ですね

北条氏政は優秀な武将!?

北条は当初、上杉との同盟を通じて武田を追い詰めようと考えていました。しかし、上杉が同盟に協力的でなかったこと、そして父・北条氏康が亡くなり、北条氏政が名実ともに北条家の当主となったことから方針を変更しました。結果として、北条氏政は上杉謙信との同盟を解消し、武田信玄と甲相同盟を締結しました。この変化によって、北条家は再び上杉と対立することとなりましたが、上杉謙信が越中(富山県)に主要な焦点を当てていたため、大規模な合戦は起きませんでした。この隙間を利用して、北条氏政は関東地方で急速に勢力を拡大し、宿敵である里見義弘とも和睦に成功しました。

ひろ
ひろ

上杉謙信は織田信長との戦いに目を受けていたからですね

その後、武田信玄と上杉謙信が亡くなったことで、上杉家内で家督争いが勃発しました。この争いは「御館の乱」と呼ばれ、上杉謙信の甥である上杉景勝と、北条氏政の弟であり上杉謙信の養子である上杉景虎が対立しました。北条氏政は上杉景虎を支援したものの、上杉景勝が武田勝頼(演:眞栄田郷敦)と同盟を結び、その結果上杉景虎は敗北しました

ひろ
ひろ

うまくいけば北条、武田、上杉の三国同盟が成功していたかも知れませんね

御館の乱の結果、北条家は武田、上杉、佐竹といった有力大名に囲まれる状況となりました。これを受けて、畿内で勢力を拡大していた織田信長(演:岡田准一)に臣従する道を選びました。この事態を契機に、北条氏政は家督を嫡男の北条氏直に譲りました。その後、北条家は織田・徳川連合と協力して武田家を滅ぼしました。

ひろ
ひろ

北条氏政は優柔不断なのか行動が遅かったために

織田信長から嫌われていたようです

北条氏政と徳川家康の関係は?

本能寺の変織田信長(演:岡田准一)が急死した後、旧武田領を巡って北条徳川上杉などの間で天正壬午の乱が勃発しました。北条は半分以上支配していたことのある上野(群馬)の領地を取り戻すために、侵攻を開始します。

しかし、徳川軍の鳥居元忠(演:音尾琢真)に敗れ、織田信雄(演:浜野謙太)の説得もあり、北条と徳川は和睦を結びました。この際、北条氏直は上野(群馬県)の領有権を獲得し、徳川家康(演:松本潤)次女・督姫(演:清乃あさ姫)と結婚し、北条と徳川は同盟を結びました。

ひろ
ひろ

北条と徳川は小牧長久手の戦いのときには共に戦い

北条は佐竹の抑えとして戦っています