どうする家康を見逃した方はこちら

[レジェンドアンドバタフライ]解説・考察 三足の蛙の意味とは?

大河ドラマ
ひろ
ひろ

レジェンドアンドバタフライ」の本編では

あまり触れられなかった話を解説・考察していくよ

徳川家康
徳川家康

今回の作品は歴史よりも恋愛にフォーカスしておるからな

スポンサーリンク

呼称解説

ひろ
ひろ

戦国時代では本名ではなく「あだ名」で呼ぶことが一般的だったよ

マムシ

斎藤道三。本編最初から出てくる「マムシ」。これは織田信長の妻・濃姫(帰蝶)の父「斎藤道三」のこと。斎藤道三は主君に下剋上をたたきつけ成り上がっていったところが、「親を食らうマムシのようだ」と名付けられた

ひろ
ひろ

そんな道三は息子に裏切られて討たれてしまった、、、

まさに「マムシ」

前田利家。若い時からずっと織田信長に仕えている若い衆の一人。幼少の頃の名前が「犬千代」であったことから「犬」と呼ばれている。

勝三郎

池田恒興。織田信長と幼馴染であり、若い時からずっと信長に仕えている若い衆の一人。恒興の母は、信長の乳母でもある。

権六

柴田勝家。織田信長の筆頭家臣。ひげと体格の良さが特徴的。

五郎左

丹羽長秀。織田家を内政面から支える参謀。米のように生活に欠かせないことから「米五郎左」とも言われる。

十兵衛

明智光秀。織田信長が魔王の恐ろしさを失うことを憂い、本能寺の変を起こす。

猿・藤吉郎

豊臣秀吉。農民の生まれにして、その人のよさや気の使えるところで出世した。本作でも出演回数が多い。

ひろ
ひろ

有名な話が

信長の草履を懐で温めていたって話もあるよね

考察

濃姫

織田信長の妻。信長は3人目の夫であり、それまでの2人は父の斎藤道三によって滅ぼされている。また、濃姫は信長と結婚して以来、歴史上に登場することが少なく、ドラマや映画に登場することも少なかった。本作品では、その濃姫にフォーカスしているため、見応えがあった。

ひろ
ひろ

濃姫と明智光秀が幼馴染で恋仲にあったとも言われているよ

織田信秀

織田信長の父。信長に隠れているが、その実力は只者ではない。尾張に港を作り、経済的に潤わせた功績がある。しかし、隣国の斎藤道三にはかなわなかった。

下戸

織田信長は見た目によらず、お酒が弱く、ほとんど飲めなかったという。