[3分でわかる!]ねねと淀殿の仲は悪かったのか?

戦国小話
ひろ
ひろ

豊臣秀吉は正室のほかにたくさんの側室をかかえていたよなー

織田信長
織田信長

そうなんじゃ

特に正室のねねと側室のは有名じゃな

ひろ
ひろ

でも2人の関係は悪かったといわれているけど本当はどうなんだろう?

スポンサーリンク

正室のねね

ねね(北政所、高台院)は秀吉にとって最高の伴侶であり、身近な相談役。子どものできなかったねねは秀吉の子飼いである加藤清正福島正則など豊臣恩顧の大名の世話を、彼らが小さなころから担当。そのため彼らから非常に慕われていました。

さらに織田信長から「ねねは本当に美しい女性で禿鼠には勿体無い」といわせるほどの人物だったといいます。

また秀吉が城をあけている間、ねねは留守を担当。その間、内政を取り仕切ることもあったようです。そのため秀吉に対して堂々と意見することもあり、ときには尾張弁丸出しで喧嘩することもあったようです。

織田信長
織田信長

当時としては珍しい恋愛結婚だったんじゃ

2人が結婚した時は秀吉の方が身分は下だったぞ

ひろ
ひろ

ねねに子どもさえできれば最高の女性だっただろうなー

ねね。宣教師ルイス・フロイスはねねのことを「女王・王妃」と記している。
(高台寺所蔵)

側室の淀殿

淀殿(茶々、淀君)は今でいうと愛人とでもいえるでしょうか。秀吉は淀殿を大変可愛がりました。

淀殿にとって秀吉は父浅井長政小谷城攻めで自害に追い込み、淀殿の母お市と父柴田勝家賤ヶ岳の戦いで滅ぼした両親の仇。

ところが、2人の子をもうけました。はじめに生まれた鶴松は夭折してしまいましたが、次男の秀頼は順調に育ちました。

淀殿は秀頼を生んだことで豊臣家の実権を握るようになり、大坂の陣では軍議に口をだすほどでした。

ひろ
ひろ

秀吉は秀頼をこの上なく大切にし亡くなる直前

家康などの家老に「秀頼を頼む」と懇願したというよ

淀殿。生涯3度の落城を経験した人物。
(奈良県立美術館所蔵)

気なるふたりの関係は?

よく2人は不仲であったといわれますが本当のところはどうなんでしょうか?

通説ではねねと淀殿が不仲であったことから、ねねのことを慕う豊臣恩顧の大名たちは秀頼に従わなかったといわれています。というのも、ねねは秀吉亡き後、徳川の世にあわせなければならないと考えました。反対に淀殿は豊臣が天下を取り仕切り、秀頼が1番であると考えていたからです。

ひろ
ひろ

それに正室だけど子どものいないねねと、

側室だけど子どものいる淀殿が対立する構図は想像しやすいから不仲といわれているだけかなー

ねねは他の側室たちと一緒に祭りや遊びに行ったり、淀殿が懐妊したを知ると安産祈願におこなったりという記録が残っています。つまり、ねねと淀殿の関係は良好であったといえます。

ところが、淀殿が出産を無事に終えれるように住まいを変更したり、秀吉の母大政所おおまんどころが亡くなったりしたため、豊臣家で連携が取れなくなってしまい疎遠になったといいます。

ひろ
ひろ

秀吉は庶民出身であったから

家族との関わりを大切にしたい人物

ねねや淀殿との間にいさかいがあれば仲介していただろうな

徳川家康。秀吉の死後、豊臣恩顧の大名を招集するためねねに接近した。(狩野探幽画)

コメント

タイトルとURLをコピーしました