どうする家康を見逃した方はこちら

[大河ドラマ・どうする家康]豊臣秀頼(キャスト:作間龍斗)が徳川家康に挑んだ訳とは?最後は鹿児島に落ち延びて天草四郎になった!?

大河ドラマ
ひろ
ひろ

大河ドラマ・どうする家康」で登場する豊臣秀頼

作間龍斗さんが演じている豊臣秀吉の次男ですね

徳川家康
徳川家康

豊臣秀頼太閤(豊臣秀吉)が残した最後の強敵じゃった

ひろ
ひろ

豊臣秀頼は徳川の天下がほぼ決まっていたにも関わらず

なぜ大坂の陣に挑んだのはなぜなのでしょうか?

スポンサーリンク

豊臣秀頼の年表

年表年齢出来事
15931豊臣秀吉の次男として誕生
15953豊臣秀吉が豊臣秀次を切腹させる
15986豊臣秀吉が亡くなり大坂城に移る
16008関ヶ原の戦い
160311徳川家康が江戸幕府を開く
160311徳川家康の孫・千姫と結婚する
160513徳川家康が臣下の礼を取るように要求する
161119徳川家康と二条城で会見する
161220方広寺の再建に取り掛かる
161422大坂冬の陣
161523大坂夏の陣で自害

豊臣秀頼の相関図

豊臣秀頼の誕生のとき豊臣秀吉は56歳だった!

豊臣秀頼(演:作間龍斗)は1593年に豊臣秀吉(演:ムロツヨシ)側室・茶々(演:北川景子)の次男として誕生しました。このとき、豊臣秀吉はすでに56歳でした。豊臣秀吉は、わずか3歳で亡くなった鶴松のこともあり、豊臣秀頼の誕生を心から喜んでいたと言われています。

ひろ
ひろ

鶴松が生まれたとき

豊臣秀吉は52歳でした

1595年になると、豊臣秀吉は豊臣秀頼が豊臣家の家督を安心して継げるよう、甥であり関白であった豊臣秀次を切腹させました。この事件の真相は不明ですが、豊臣秀吉が豊臣秀頼をいかに溺愛していたかが伺えます。

ひろ
ひろ

豊臣秀次切腹事件により数少ない豊臣一門を失い

豊臣秀頼は天下を治めるのが難しくなってしまいました

豊臣秀頼は関ヶ原の戦いを傍観していた!?

1598年に豊臣秀吉が亡くなると、五大老・五奉行による政治が始まりました。五大老の筆頭であった徳川家康(演 : 松本潤)は、影響力を強めていき、1600年には関ヶ原の戦いが勃発しました。関ヶ原の戦いでは、東軍も西軍も「豊臣政権のため」や「豊臣秀頼のため」に戦っていたため、豊臣秀頼が明確にどちらかの陣営に味方することはありませんでした。

ひろ
ひろ

豊臣秀頼の親衛隊である七手組の一部は西軍に参加したとも言われています

関ヶ原の戦い後、豊臣秀頼は戦いに勝利した徳川家康(演:松本潤)を忠義者として労いました。

徳川家康
徳川家康

関ヶ原の戦いは豊臣徳川の戦ではなく

豊臣と豊臣の戦なんじゃ

豊臣秀頼と千姫との間には子がいたのか?

徳川家康は関ヶ原の戦いの後、豊臣家の直轄領を独断で分配したため、豊臣家の領地は220万石から摂津、河内、和泉の合計65万石に減封されてしまいました。その後、徳川家康は江戸幕府を開いて武家の棟梁・征夷大将軍となり、これにより諸大名を動員して江戸城の普請や政権の構築を行い、豊臣家を天下人の座から引きずり落としました。

ひろ
ひろ

豊臣家の権力が弱まったとはいえ

西国では根強い支持を保っていたようです

豊臣秀頼は豊臣秀吉の遺言に従い、徳川家康の孫娘である千姫(演:原菜乃華)と結婚しました。このとき、豊臣秀頼は11歳、千姫は7歳でした。豊臣秀頼千姫との間には、若すぎたためか子供はいませんでした。

ひろ
ひろ

千姫豊臣秀頼側室の子をかわいがっていたようです

豊臣秀頼と徳川家康の二条城会見

江戸幕府が開かれて以降、豊臣秀頼は公家としての地位に昇格しました。その中で、徳川家康は北政所(演:和久井映見)を通じて、豊臣秀頼に対して臣下の礼を取るよう要求しました。しかし、茶々がこれを拒絶し、豊臣家が徳川の家臣となることはありませんでした。

ひろ
ひろ

徳川家康の六男・松平忠輝により

この件は落ち着いています

1611年、後陽成天皇後水尾天皇に譲位した際、徳川家康は上洛しました。その際、加藤清正(演:淵上泰史)の計らいにより、二条城で豊臣秀頼は徳川家康と会見を果たしました。豊臣家の家臣たちは、豊臣秀頼が徳川家康と対面することで、豊臣家が徳川の家臣と見なされてしまうのではないかと懸念していました。しかし、豊臣秀頼があまりに誠実に徳川家康に対応したため、両者の関係は維持されました。

ひろ
ひろ

どうする家康でも豊臣秀頼はハツラツとした態度で

徳川家康と話していましたね

豊臣秀頼はなぜ徳川家康に戦いを挑んだのか?

豊臣秀頼は、地震により荒廃していた方広寺の再建に着手しました。方広寺は、豊臣秀吉が豊臣家の寺として建立したものでした。しかし、徳川家康は、この方広寺の鐘に刻まれた「君臣豊楽 国家安康」の文字を、「豊臣政権の再興を願い、徳川家康の名を忌み嫌っている」と解釈し、ほとんど言いがかりに近い非難を行いました。

ひろ
ひろ

豊臣方も天下の徳川の気に障るような文言を入れないように

気をつけるべきだという意見もあります

豊臣秀頼は、徳川家康の理不尽な非難に憤慨しました。そして、徳川家康との戦いに備えて、全国各地から浪人10万人を集めました。対する徳川家康も20万の軍勢を動員し、1614年大坂冬の陣が始まりました。真田信繁(真田幸村)の活躍により、豊臣方は一時期有利に戦を進めていましたが、大坂城の本丸に大砲が打ち込まれたことで和睦が成立しました。この和睦により、大坂城の堀は埋められ、大坂城は防御の点で不利な状況となりました。

ひろ
ひろ

徳川家康大坂城の攻め方を豊臣秀吉から小田原合戦のときに学んでいたようです

徳川家康は再び、豊臣秀頼に家臣となるよう求めました。しかし、豊臣秀頼はこれを拒絶したため、大坂夏の陣が勃発しました。大坂方は堀がなくなっていたため、総攻撃に出ましたが、圧倒的な兵力差により敗れました。

ひろ
ひろ

豊臣秀頼が出陣することなく合戦は終わってしまいました

もし豊臣秀頼が出陣すれば状況は変わっていたかもしれません、、、