やっぱり信長は残虐!?

戦国小話
ひろ
ひろ

現代人のメジャーなペットは犬か猫だけど

戦国大名を飼っていたみたいだな

徳川家康
徳川家康

猫は飛鳥時代中国から渡ってきたんじゃ

船の上にいるネズミを捕縛する役割があったんじゃよ

ひろ
ひろ

中国から仏教が伝来したのと同じ時期だな

それでは戦国武将との関係について見ていこう!

スポンサーリンク

秀吉の猫を探せ!!

天下人・豊臣秀吉は猫を大変可愛がっていました。1593年、秀吉の愛猫が大坂城内で行方不明となってしまいます。困った秀吉は豊臣政権五奉行の一人・浅野長政に捜索を命じました。

一向に猫を見つけることができなかった長政は伏見城の普請を担当していた野々口五兵衛に「あなたの美しい虎毛の猫を借りたい」と懇願。そして、秀吉の飼っていた猫と似ていたためか、長政の首は斬られることなくこの話は終結しました。

ひろ
ひろ

このころ秀吉は朝鮮出兵や母・大政所が亡くなったことで落ちこんでいたころだな

浅野長政。豊臣政権では五奉行となっていたが、関ヶ原の戦い以降徳川家康に味方している。(東京大学史料編纂所蔵)

東照宮の猫

徳川家康を祀るために建立された日光東照宮には有名な彫刻である眠り猫が存在します。眠り猫と呼ばれていますが攻められ時に権現様(徳川家康)を守れるように、薄目を開けていつでも飛びかかれる前傾姿勢を取っています。また眠り猫の裏側に2羽が彫られており、猫が好物の雀を追いかけることなく眠るほど平和な時代を願う意味が込められています。

ひろ
ひろ

東照宮には猫の他にも猿、象、龍がいるよ

日光東照宮。徳川家光によって豪華絢爛な日光東照宮が完成した。

ひこにゃんのはじまり

井伊直政の次男・井伊直孝大坂の陣木村重成長宗我部盛親を討ち取る活躍をみせ、江戸幕府から信頼された重鎮。ある日直孝が鷹狩りに出ていると寺から猫が招くように前足をあげていました。不思議に思った直孝は、猫につられてついてゆくと、急に雲行きが怪しくなり間一髪のところで雷雨を避けることができたのです。

雨宿りしながら和尚の説法を聞いて心を奪われた直孝はこの寺を井伊家の菩提寺と定め整備。以来、この寺は猫とゆかりの深い寺として知られています。

ひろ
ひろ

この猫がゆるキャラのひこにゃんの由来だよ

井伊直孝。徳川家光から絶大な信頼を得ており、30万石のもの領土を賜った。

織田信長はやっぱり残虐!?

天下布武」を掲げ、武力で天下統一を目指した織田信長は大の好きでした。そのため全国各地の諸大名から鷹が送られてくるほどでした。ある時、信長は鷹のえさである猫を探しに安土から奈良へ猫狩りに出かけました。奈良の僧侶たちは慌てて寺の中に隠したといいます

ひろ
ひろ

信長は毎日のように鷹狩りを行っていたみたい

織田信長。趣味は茶の湯や相撲などがある。

コメント

タイトルとURLをコピーしました