どうする家康を見逃した方はこちら

[大河ドラマ2023 どうする家康]第16話「信玄を怒らせるな」相関図・ネタバレ・考察・視聴率

大河ドラマ
ひろ
ひろ

遠江とおとうみ(静岡)に戻った家康は早くも危険な目にあってしまいましたね

徳川家康
徳川家康

切り取った国を治めるのは本当に難しいものじゃな

スポンサーリンク

第16話のあらすじ

信玄を怒らせるな

浜松に居城を移した家康(松本潤)だが、城下で虎松(板垣李光人)と名乗る少年に襲われる。遠江の民は徳川を恨んでいるという虎松の言葉に、家康は傷つく。一方、信玄(阿部寛)に対抗し、家康は上杉謙信との同盟を探るが、それが武田方に漏れ、信玄を激怒させてしまう。武田との決戦を避けられないと覚悟を決めた家康は、人質として武田に送っていた義弟・源三郎(長尾謙杜)を救い出すが、そこには信玄の思惑があり・・・。

https://www.nhk.or.jp/ieyasu/

第16話の相関図

現在の勢力図

https://www.nhk.or.jp/ieyasu/history/

第16話のネタバレ

徳川家康(松本潤)を襲った少女の振りをしていた少年は家康に隙をつかれて投げ飛ばされた。その間に鳥居元忠・彦右衛門が家康をかばい、本多忠勝・平八郎榊原康政・小平太がその少年を追った。

その後、平八郎と小平太はその少年を取り押さえると、浜松城につれて帰った。家康はその少年をみて、名前や犯行理由を問うた。すると、少年は「お前のせいで俺の家はめちゃくちゃになった」と言い放った。さらに、「遠江の民はみなお前(徳川家康)を憎んでいる、遠江から出ていけ」と憎悪に満ちた顔でいう。そして、「武田様は我らのお味方、お前(徳川家康)なんぞ、武田信玄に滅ぼされる」と言った。これらの発言に家康はドキリとし、この少年が遠江(静岡県)の民の姿であると考え、無罪に処した。

ひろ
ひろ

家康はこの少年が味方となるか

敵となるかは

徳川の行い次第と考えたわけですね

家康が去ると、その少年は解放され、「井伊虎松(井伊直政)」と名前だけ言って去っていった。これを聞いた彦右衛門は家康を恨む理由や腕っぷしの良さにガッテンがいった。

井伊家は遠江を治める国衆だったが、家康が今川領に侵攻した際に井伊家は徳川軍に領地を追われてしまっていた。それを理由に虎松は家康を恨んでいた。

徳川家康
徳川家康

井伊家は家臣の裏切りなどによって

ボロボロだったんじゃ

家康は酒井忠次・左衛門尉石川数正などの家臣を浜松城に呼び、悩みを打ち明けた。「武田は甲州金をばらまいて遠江の地侍たちを取り込んでいる」と大久保忠世・色男殿が言った。そして、このままでは切り取られると石川数正がいう。

そして家康は、信玄に勝つにはなにが足らないのかを家臣たちに問う。すると数正から「すべて」と言われて、衝撃を受けた。

徳川家康
徳川家康

仕方ないから

すこしずつ遠江の民の信頼を勝ち得ることが肝心じゃな

一方、甲斐(山梨)では、武田信玄がみぞおちあたりを気にして、なにかを悟ったような顔していた。

また、関係を保つために家康が信玄に送った人質の松平勝俊・源三郎は、甲斐の武家屋敷の一角の長屋でひどくやつれていた。これを知らない母の於大久松長家は至って元気な様子でしたが、於大には何か引っかるものがあった。そのため、服部半蔵を呼び寄せ、武田館にいる源三郎の様子を見に行かせた。

ひろ
ひろ

源三郎は徳川家康の弟として

武田へ人質に入っていました

半蔵と大鼠は甲斐の木こりに変装して、武田館に潜入することに成功した。そして、源三郎らしき人物を見つけ、体中はかなり傷だらけでかなりやつれていることを確認した。このことを半蔵は主君の家康にまず報告した。家康は「源三郎は息災であった、母上(於大)に伝えよ」といい、半造は於大のいる上ノ郷城に向かった。

徳川家康
徳川家康

人質の辛さはわしが一番認識しているだけあって

源三郎に辛い思いをさせているのが不憫でならんわい

また、家康は「作手、田峯、長篠」が武田方についたとの報告を受けた。大久保忠世は「このままでは今川氏真のように領地を切り取られてします」と焦った。そこで、越後(新潟県)の上杉謙信と手を組むのはいかがかとと考えた。しかし、このことが知られてしまうと、確実に武田信玄の怒りを買うため、内密にことが行われた。

家康は上杉謙信への書状を使者に託したが、途中で忍びの千代に討ち取られ、その書状が信玄の手元に渡っていた。それを知った信玄は怒りを顕にすると、遠江の国衆たちに家康をなじる書状を送りつけていた。

ひろ
ひろ

家康はついに信玄を怒らせてしまい

戦をさけることはもうできませんね

家康は決意を固めたように半造を呼び出すと、源三郎を救出するようにいった。半蔵は甲斐の街で爆発を起こすと、人々の意識をそらして、源三郎のもとに向かった。しかし、信玄にはばれていたようで、半蔵の前に武田の忍びが立ちはだかる。半蔵たちは乱戦になりながらも源三郎を抱え、浜松まで逃げ切った。

浜松城に戻った源三郎は甲斐でのことを家康に伝えた。「信玄はわたしをほかの甲斐の若侍たちと同じように扱いました。むしろ私が一番優しく扱われていました。そして、信玄の子・武田勝頼・四郎は一番厳しく鍛錬を受けています。武田の武士は化け物で、わたしたちは到底勝てない」と家康に伝えた。

徳川家康
徳川家康

武田武士たちは厳しく鍛えられおったんじゃ

それが最強武田軍団を生み出した要因じゃな

家康は家臣たちを呼び寄せて、「長年にわたる武田と徳川の関係をはっきりさせなければならない。わしの独断では決められない」といった。家臣一同、信玄と決戦することをあらわにし、「われらが桶狭間を起こすときだ」と咆哮した。

ひろ
ひろ

いよいよ、家康が最も苦しんだと言われる

三方ヶ原の戦いがはじまりですね

第16話の視聴率

第16話 : 10.7%

第15話 : 11.1%(世帯11.1%、個人6.5%)

第14話 : 11.4%(世帯11.4%、個人6.8%)

第13話 : 11.0%(世帯11.0%、個人6.4%)

第12話 : 11.0%(世帯11.0%、個人6.4%)

第11話 : 10.9%(世帯10.9%、個人6.7%)

第10話 : 7.2%(世帯7.2%、個人4.1%)

第9話 : 11.8%(世帯11.8%、個人7.1%)

第8話 : 12.1%(世帯12.1%、個人7.3%)

第7話 : 13.1%(世帯13.1%、個人8.0%)

第6話 : 13.3%(世帯13.3%、個人8.0%)

第5話 : 12.9%(世帯12.9%、個人7.7%)

第4話 : 13.9%(世帯13.9%、個人8.5%)

第3話 : 14.8%(世帯14.8%、個人8.8%)

第2話:15.3%(世帯15.3%、個人9.2%)

第1話:15.4%(世帯15.4%、個人9.6%)

次回予告

三方ヶ原合戦

信玄(阿部寛)は徳川の拠点を次々に制圧。打つ手のない家康(松本潤)は、信長(岡田准一)の本軍が加勢にくるまで浜松城に籠城すると決める。だが、浜松に攻め寄せてきた武田本軍は、なんと浜松城を素通りし、西へ向かおうとする。このまま武田軍を通せば、遠江の民から見限られ、信長の逆鱗に触れる。何より、瀬名(有村架純)ら家族のいる岡崎城が危ない。打って出るべきか、籠城を続けるかーー。家康は究極の選択を迫られる!

https://www.nhk.or.jp/ieyasu/

コメント