どうする家康を見逃した方はこちら
スポンサーリンク
大河ドラマ

[大河ドラマ2023 どうする家康]第42話「天下分け目」鳥居元忠の最後と真田の調略!!相関図・ネタバレ・考察・視聴率

上杉征伐に向かう家康(松本潤)のもとに、三成(中村七之助)挙兵の知らせが届いた、小山で軍議が開かれ、西軍大名の多くが三成につく中、家康は天下分け目の戦に臨むため、西へ戻ると宣言する。秀忠(森崎ウィン)に真田昌幸(佐藤浩市)の攻略を任せ、江戸に戻った家康は、各国大名に応援を働きかける。一方、京では千代(古川琴音)と共に伏見城を守る鳥居元忠(音尾琢真)が、三成の大軍に囲まれ、最期の時を迎えていた。
大河ドラマ

[大河ドラマ・どうする家康]ウィリアム・アダムス(キャスト : 村雨辰剛)は徳川家康に愛された航海士?イギリス人の侍・三浦按針となった!? 年表 相関図 子孫

ウィリアム・アダムス(演:村雨辰剛)は1564年にイギリスで生まれました。父親は船乗りでしたが、ウィリアムがまだ幼いころに亡くなりました。そのため、ロンドンのテムズ川近くにいた船大工の棟梁ニコラス・ディギンズのもとで弟子入りをしました。しかし、ウィリアムは造船よりも航海術に興味を持ち、海軍に入隊。アマルダの海戦にも参加しました。
大河ドラマ

[大河ドラマ・どうする家康]加藤清正(キャスト:淵上泰史) の死因は?熊本城は西郷隆盛も落とせなかった?虎退治伝説は本当?子孫 家紋 家系図

加藤清正(演 : 淵上泰史)は1562年、尾張(愛知県)に刀鍛冶職人の加藤清忠の子として生まれました。母・伊都が豊臣秀吉(演 : ムロツヨシ)の母・大政所(演 : 高畑淳子)と遠戚であったことから、近江長浜城の城主となったばかりの豊臣秀吉に小姓として仕えました。
大河ドラマ

[大河ドラマ2023 どうする家康]第41話「逆襲の三成」相関図・ネタバレ・考察・視聴率

家康(松本潤)の決断で、佐和山城に隠居させられた三成(中村七之助)。一方、家康は大坂城・西ノ丸に入り、政治を意のままに行い、周囲から天下人と称されていた。そんな家康を茶々(北川景子)は苦々しく見ている。ある時、会津の上杉景勝(津田寛治)に謀反のうわさが広がる。家康は茶々から天下泰平のため、成敗に向かうべきと諭されるが、大坂を離れることに一抹の不安を感じ、留守を鳥居元忠(音尾琢真)に預けることにする。
大河ドラマ

[大河ドラマ・どうする家康]関ヶ原の戦いはだれとだれ?関ヶ原の戦いの後はどうなった?わかりやすく解説 図解あり

1599年、前田利家が亡くなり、政局はさらに大きく動くこととなりました。五奉行の1人である石田三成が加藤清正、黒田長政などによって襲撃される事件が起きました。石田三成は佐竹義宣や宇喜多秀家の助けを受け、徳川家康の仲介によりこの事件は収束しました。しかし、石田三成は豊臣家中をうまくコントロールできなかったとして、居城の佐和山城に蟄居させられることとなりました。このとき、徳川家康は豊臣家を乗っ取ろうとしていたのではなく、豊臣政権内での発言力を増すことに重きを置いており、石田三成の失脚によりその目論見は成功しました。
大河ドラマ

[大河ドラマ2023 どうする家康]第40話「天下人家康」ついに徳川家康が狸に!相関図・ネタバレ・考察・視聴率

秀吉(ムロツヨシ)が死去し、国内に動揺が走る。家康(松本潤)は三成(中村七之助)と朝鮮出兵の後始末に追われる。秀吉の遺言に従い、家康は五大老たちと政治を行うとするものの、毛利輝元(吹越満)や上杉景勝(津田寛治)は自国に引き上げ、前田利家(宅麻伸)は病に倒れる。家康は加藤清正(淵上泰史)ら諸国大名たちから頼られる中、やがて政治の中心を担うようになる。そん家康に野心ありとみた三成は警戒心を強め、二人は対立を深めていく。
戦国小話

[大河ドラマ・どうする家康39話]豊臣秀吉の最後は失禁ばかりだった?死因は天ぷらの食べ過ぎでくたばった?毒殺説も 辞世の句に込められた意味とは?

豊臣秀吉の死因は明確ではありません。豊臣秀吉が最晩年に楽しんだ醍醐の花見からわずか3ヶ月後に亡くなりました。豊臣秀吉の死因として、「大腸がん」とされる説が最も有力と言われています。秀吉の晩年の記録には、下痢、腹痛、食欲不振、急激な体重減少などの症状が記されており、これらは腸に問題が生じた際に典型的に現れるものであるため、大腸がんの可能性が有力視されています。
戦国小話

[大河ドラマ・どうする家康]豊臣秀頼の父親は〇〇?豊臣秀吉が父親でなければ誰?

豊臣秀吉は女好きとして知られていました。そのため、正室のねね・北政所(演 : 和久井映見)の他にも多くの側室を持っていました。宣教師ルイス・フロイスの記録によれば、300人近くの側室が大坂城で暮らしていたとのことです。
大河ドラマ

[大河ドラマ・どうする家康]大谷吉継(キャスト:忍成修吾)はハンセン病だった?石田三成との仲は? 年表 子孫 家系図 家紋 城

大谷吉継(演 : 忍成修吾)は、従来、1599年に大友氏の家臣・大谷盛治の子とされてきました。しかし、近年の研究により、大谷吉継は1565年に近江(滋賀県)で六角氏の家臣・大谷吉房の子であったとの説が浮上しています。
大河ドラマ

[大河ドラマ・どうする家康]小西行長(キャスト:池内万作)は加藤清正と仲が悪かった?関ヶ原の戦いで西軍となった訳は?最後は?年表 子孫 家系図 家紋 城

小西行長(演 : 池内万作)は堺(大阪府)の商人・小西隆佐の次男として生まれました。当時の小西家は武士ではなく商人であり、商売のために度々、備前(岡山県)の宇喜多直家のもとを訪ねていました。そのときに、小西行長は宇喜多直家に才能を見出され、家臣になったと言われています。
大河ドラマ

[大河ドラマ2023 どうする家康]第39話「太閤、くたばる」ムロ秀吉の最大の見せ場と最後のえびすくい相関図・ネタバレ・考察・視聴率

茶々(北川景子)に拾(豊臣秀頼)が生まれた。家康(松本潤)の説得により、明との和睦を決めた秀吉(ムロツヨシ)。しかし、石田三成(中村七之助)たちが結んだ和議が嘘とわかると、朝鮮へ兵を差し向けると宣言、秀吉の暴走が始まった。都が重い空気に包まれる中、家康は息子の秀忠(森川ウイン)を連れて、京に隠居していた忠次(大森南朋)を訪ねた。忠次から最後の願いを託され、悩む家康に、秀吉が倒れたとの知らせが届く。
大河ドラマ

[大河ドラマ・どうする家康38話]足利義昭・昌山(キャスト:古田新太)は室町幕府滅亡後は何をしていた?最後は?年表 家系図 子孫

足利義昭・昌山(演 : 古田新太)は1537年、室町幕府12代目将軍・足利義晴の次男として誕生しました。兄は13代目将軍・足利義輝でした。足利家の慣例として、長男以外の子息は出家することが多かったため、足利義昭は6歳の時に興福寺で僧となり、「覚慶」と名乗りました。
スポンサーリンク