戦国武将

スポンサーリンク
戦国武将

戦国一気が短い男!?妻・ガラシャを愛しすぎた細川忠興とは?

凶暴すぎる戦国武将・細川忠興。関ヶ原の戦いでは136もの首級を挙げるなどの活躍をみせる猛将だが、妻・ガラシャを溺愛しすぎたあまり、、、
戦国武将

伊達政宗の野望!?日本人ではじめてローマ法王に謁見した支倉常長とは?

伊達政宗に派遣されスペインやローマにまで出向いた戦国武将・支倉常長 。常長は大して身分の高い人物ではなかったにも関わらず、政宗が常長を使節団長にしたのは訳があった!?政宗の罰ゲームとまで言われている!?
戦国武将

今川義元が亡くなった跡の今川家はどうなったの?

桶狭間の戦いで急速に勢力を弱めてしまった今川家。今川義元の後を継いだ今川氏真は今川家の立て直しを図るも、ことごとく失敗。名門今川家を滅ぼしてしまった氏真は愚将との呼び名が名高いが、、、
戦国武将

片倉重長が小早川秀秋にストーカー被害!?仲介に入った伊達政宗が下した決断とは?

独眼竜伊達政宗に仕えた片倉重長。戦国屈指のイケメン武将でありながら、武勇にも優れた武将。重長の容姿の良さは評判で、小早川秀秋は重長のことを付け回したほど。そこで伊達政宗が仲介に入るが、、、
戦国武将

上司にしたい武将・立花道雪!!雷神を切り捨てた猛将とは?

上司にしたい戦国武将ランキング1位にランクインした立花道雪。家臣に思いやりをもって接し、深い絆で結ばれていた。ところが、自身は主君の大友宗麟に対してズバズバとものをいい諌めることも多かった。
戦国武将

三木の干殺し!?悲惨な籠城戦を戦い抜いた別所長治とは?

豊臣秀吉は徹底的な兵糧攻めを行って、三木城の城主・別所長治を攻撃。長治は名門家に生まれたため、農民上がりの秀吉に頭を下げられず、どんどん追い詰めれてしまう。結局、城兵の飢えた様子をみた長治は降伏を決断するが、、、
戦国武将

秀吉と家康から愛された姫路城の生みの親・池田輝政とは?

姫路城を築いた池田輝政。広大な姫路城を築く莫大な財産を所有するほどにまで出世を果たせたのはなぜか?今回は池田輝政の出世劇をみてゆく。
戦国武将

三日月の丸くなるまで南部領!?南部家の最大版図を築いた南部晴政とは?

青森県の大名・南部晴政。南部家のお家騒動を鎮め、南部家の最大版図を築いた武将。しかし、例にももれず跡継ぎに決めていた養子と後から生まれた実子との間で後継者問題を起こしてしまう。
戦国武将

津軽為信が命懸けで残した遺言とは?

青森県を代表する戦国大名・津軽為信。謀略により一大勢力を築いたため、悪人と称されることの多い武将である。実際には、友・石田三成を思いやる一面も見せている。
戦国武将

黒衣の宰相!?今川家の全盛期を支えた太原雪斎とは?

今川義元に仕えた軍師・太原雪斎。義元に重用され外交や内政面で手腕を奮った。特に雪斎が締結させた甲相駿三国同盟は空前絶後のもの。ところが、雪斎が亡き後今川家に異変が、、、
戦国武将

戦国一の美男子!!武将やお坊さんも虜にした名古屋山三郎とは?

歌舞伎の生みの親といわれる名古屋山三郎。戦国一の美少年といわれ、武将や僧でさえも魅了した。さらに、武芸に秀でており、茶の湯や和歌にも精通した万能の人物であった。そんな名古屋山三郎の生涯とは?
戦国武将

豊臣秀頼の不遇すぎる運命とは?

天下人・豊臣秀吉の跡取り息子・豊臣秀頼。幼少期は秀吉に溺愛されながら育つも、秀吉が亡くなると一気に没落。最期は徳川家康に敗れてしまった。しかし、豊臣秀頼は決して愚将などではなく、力量のある武将である。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました