どうする家康を見逃した方はこちら

[大河ドラマ・どうする家康]明智光秀(酒向芳)はなぜ裏切った!?最期?生存説はある? 年表 子孫 相関図

大河ドラマ
ひろ
ひろ

大河ドラマ・どうする家康」で登場する明智光秀

酒向芳さんが演じている本能寺の変を起こした張本人ですね

徳川家康
徳川家康

明智光秀は非常に聡明な人物であったから

織田家でも凄まじい早さで出世したんじゃよ

しかし、なぜ裏切ってしもうたんじゃ、、、

ひろ
ひろ

明智光秀の生涯については謎に包まれていますね

今回はその謎に迫っていきましょう

スポンサーリンク

明智光秀の年表

明智光秀の出自

明智光秀(酒向芳)は、清和源氏の土岐氏支流、明智氏に生まれました。明智光秀の父親については、具体的な記録はほとんどないため、明らかになっていません。また一部記録によれば、明智光秀の祖先は室町幕府初代将軍・足利尊氏に仕えており、その家系が室町幕府御家人として始まり、後に守護土岐家に仕えたと言われています。

ひろ
ひろ

明智光秀は連歌の素養を身に着けていたことから

曽祖父が連歌界の超有名人の明智玄宣(光高)とも言われています

明智光秀の前半生

明智光秀の生年は、信頼性の高い同時代史料が存在しないため不詳です。一方で、「明智軍記」や「当代記」に基づくと1528年説1516年説が存在します。

ひろ
ひろ

他には1513年説1526年説1540年説もあります

明智光秀の出生地は、美濃国明智荘明智城が最も有力です。一方で、明智光秀の父が土岐頼武に仕えていたことから、出生地は福光館近辺や、駄智村細野村とも言われています。また、1525年に土岐頼武が敗北した際、明智光秀が越前(福井県)に逃れ、ここで少年時代を過ごした可能性もあります。

さらに、近江(滋賀県)出生説もあり、明智光秀の祖先が土岐氏から六角氏へと移り、近江国犬上郡で生まれ育ったと記述されています。その他にも、岐阜県瑞浪市説同県大垣市上石津町説も存在し、明智光秀の出生地とされる地域は何箇所も存在しています。

ひろ
ひろ

明智光秀の情報が乏しいのは

織田信長を裏切ったことで明智光秀と親しかった人が

友好な関係を隠滅するために記録をすべて廃棄してしまったからでしょうね

明智光秀の主君が斎藤道三から朝倉義景へ

明智光秀の青年期も謎に包まれています。美濃国の土岐氏一族であった明智光秀は、斎藤道三(斎藤利政)に仕えていました。しかし、1556年の長良川の戦い斎藤道三斎藤義龍(斎藤高政)の親子が対立すると、斎藤道三方であった明智光秀は斎藤義龍に明智城を攻められ、一族が離散したとされます

美濃を追われた明智光秀は越前(福井県)の朝倉義景を頼り、約10年間仕えました。この時期から明智光秀の動向が様々な史料を交えながら推測されています。

ひろ
ひろ

朝倉家に仕えていた時

明智光秀は下級武士の身分だったそうです

明智光秀と将軍・足利義昭

明智光秀が朝倉義景に仕えていた時、畿内(近畿地方)では将軍・足利義輝が暗殺されました。それを知った弟の足利義昭(古田新太)は奈良の興福寺に入っていましたが、還俗して将軍になることを目指しました。そこで、足利義昭は有力大名の後ろ盾を得るために越前の朝倉義景に接近。この時、明智光秀は足利義昭の側近である細川藤孝(細川幽斎)と共に幕府再興を目指すことになります。

しかし、朝倉義景は足利義昭が越前にまできて協力を要請してきたにも関わらず、足利義昭の上洛を手助けしませんでした。そのため、明智光秀は当時勢力を拡大していた尾張(愛知県)の織田信長(岡田准一)に接触し、上洛の手助けを要請しました

ひろ
ひろ

この頃から明智光秀と織田信長が接触するようになったみたいですね

1568年、足利義昭は織田信長の後ろ盾を得て無事に上洛することに成功しました。しかし、翌年には足利義昭は足利義輝を暗殺した三好三人衆に襲撃されました。このとき、足利義昭の窮地を救ったのは明智光秀でした。

徳川家康
徳川家康

織田軍が京都から撤退するとすぐに足利義昭は窮地に陥ったんじゃ

明智光秀と織田信長

1570年、織田信長が越前の朝倉氏への侵攻中、同盟していた浅井長政が反逆。朝倉軍と浅井軍に挟撃された織田軍は退却を余儀なくされました。その際、明智光秀豊臣秀吉(ムロツヨシ)金ヶ崎での殿しんがりを担当。この金ヶ崎の戦いで明智光秀は朝倉軍の追撃を食い止め、織田軍の損害を抑えることに成功しました。

徳川家康
徳川家康

金ヶ崎の戦いの頃から

明智光秀は織田軍の戦によく参戦するようになったんじゃ

その後も明智光秀比叡山延暦寺の焼き討ちを成功させ、織田家の戦役で重要な役割を果たしました。その結果、近江滋賀県)約50,000石を領する坂本城の城主となり、正式に織田信長の家臣となったとされています。

明智光秀は信貴山城の戦い丹波攻略有岡城の戦いなどに参戦し、出自不明で低い身分から織田信長の重臣へと上り詰め、戦国時代にその名を轟かせました。

ひろ
ひろ

明智光秀は畿内の情勢に精通していたため

織田信長から畿内の制圧を任されましたね